飯田市の和風日本旅館【奥天竜不動温泉 佐和屋】

飯田市の旅館「奥天竜不動温泉 佐和屋」のご予約(Resarvation)飯田市の隠れ旅館「奥天竜不動温泉 佐和屋」の施設(Facilities)飯田市の隠れ旅館「奥天竜不動温泉 佐和屋」のお食事(Meals)飯田市旅館「奥天竜不動温泉 佐和屋」でのご宴会(Banquet)飯田市の隠れ温泉旅館「奥天竜不動温泉 佐和屋」へのアクセス(Access)飯田市「奥天竜不動温泉 佐和屋」旅館周辺の見どころ(Nearby highlights)
【旅色に紹介されました】

飯田市にある温泉旅館「奥天竜不動温泉 佐和屋」は、日本秘湯を守る会の会員です。 日本秘湯を守る会へのリンク  日本の原風景とう云うべき故郷を、自然風景を渇望する時が来ると信じ、流行と云う上面に流されることなく、忘れてはならないもの、変えてはならないものは何かを問い、求めてきました。いろいろな思いを胸に旅に出る人々の心根に思いをはせ、旅人を迎える宿と人がどうあるべきか、宿を取り巻く自然環境、温泉環境がどうあるべきかを問い続け・・・
 「日本秘湯を守る会」公式サイトは → こちら
日本秘湯を守る会へのご予約は公式Webサイトへ。
島岡章一氏フォトギャラリー 山里ならではの四季折々の景観や、伝統的な伝承行事の一瞬を鋭く切り取った優れた作品群。多くのフォトコンテストで数々の賞を獲得されている当地のアマチュア写真家「島岡章一氏」のご協力を頂き、フォトギャラリーを開設いたしました。 
 島岡章一氏フォトギャラリーは → こちら

飯田市の旅館「奥天竜不動温泉 佐和屋」のホームページからの予約特典

南信州佐和屋特製の五平餅●お夜食に南信州佐和屋特製の五平餅をプレゼント
●ご朝食時にフレッシュりんごジュースをプレゼント





飯田市にある旅館、奥天竜不動温泉 佐和屋の女将からのご挨拶
女将 不動温泉佐和屋のある「千代の山里」は美しい自然が織り成す四季折々の景観が魅力です。そして、お客様にお出しさせていただくお料理には地元で採れた安全で新鮮な旬の食材を厳選して供させて頂いています。ここはなつかしい心のふるさと、皆様にゆるりとお過ごし頂けますよう、心を込めておもてなしいたします。

旅館「奥天竜不動温泉 佐和屋」季節の周辺観光スポット

EV(電気自動車)・PHV(プラグインハイブリッド車)用充電スタンド完成◆EV(電気自動車)・PHV(プラグインハイブリッド車)用充電スタンド完成
 「EVでは距離的にちょっと!」とご不安の皆様、
 もう心配ありません。
 不動温泉佐和屋に充電スタンドができました。
 ご宿泊のお客様ならいつでもご利用になれます。  





小京都飯田に人力車誕生「飯田龍車」 ◆小京都飯田に人力車誕生「飯田龍車」
 風光明媚な「城下町 飯田」を満喫していただくため、
 当地の魅力の発見と体感を目指した
 「飯田龍車」は、新しくて懐かしい人力車です。
    詳しくは → こちら




◆そろそろですよ「紅葉」情報
 朝夕がめっきり冷え込んでまいりました。
 秋と言えば・・・そう、紅葉ですね。
 ここ南sン週には紅葉の名所がたくさんございます。
 秋旅はやはり紅葉が一番。
    南信風紅葉の見ごろは → こちら


南信州の四季◆南信州の四季
 日本のチロルと呼ばれる下栗や独特の伝承文化を誇る遠山郷など、
 不動温泉佐和屋の近くには見所が満載。
   そんな南信州の風物詩を集めた写真集は → こちら

◆飛びちるしぶきの醍醐味 天竜川下り
 峡谷にこだまする櫓音(ろおと)と水しぶきの爽快な舟下りは感動もの。
 四季折々に変化する峡谷の美しさ、
飛びちるしぶきの醍醐味 飯田市天竜川下り 飛びちるしぶきの醍醐味と手こぎ舟の情緒をお楽しみください。
   天竜舟下り   → こちら
   天竜ライン下り → こちら



◆飯田線秘境駅めぐりはいかが
 豊橋から天竜峡までの間には「秘境駅」と言われる無人駅が多く、
飯田線秘境駅めぐりはいかが 中には駅へたどり着く道路さえも定かでないような駅も・・・。
 そんなローカル線のゆったり旅もいいものですよ。
   詳しくは → こちら



◆その他にも見所は盛りだくさん!

   詳しくは → こちら


 ご予約  館内施設  お食事  ご宴会  アクセス  周辺の見所  フォトギャラリー  お問合せ 

飯田市の温泉旅館【奥天竜不動温泉 佐和屋】

 個人情報保護方針  LINK 

Copyright (C) 2007 Fudou-Onsen Sawaya All rightreserved